東日本大震災による薄磯区合同葬


たくさんのなくなられた方を前に 半分 涙ぐみながら作ったことを
今でも 忘れることができません







東日本大震災による豊間区合同葬



どのぐらいの方が 参加するかも わかりません。 とにかく
なくなられた方の人数分の遺影と遺骨 位牌を置くためのスペースを
確保しながらの祭壇の作成で 最後は ご家族や ご友人 などに 遺影の周りに
トルコキキョウをそれぞれ 飾っていただくという形にしました。
ひとりでも多くの遺族に お花を飾ってほしいという思いからです。

当時 両手いっぱいにかかえた トルコキキョウを求めて たくさんの人が
私の周りに集まったのを忘れることができません。
あっという間になくなっては また次のお花へとたくさんのお花を配りました。

 

あのときのことを思い出すと 今でも 涙が出ます。


謹んで 心より ご冥福お祈りいたします。

生花祭壇のお花は 当社で 寄贈という形で お供えさせていただきました。
また この祭壇を作るにあたって 湘南台店に募金箱を設置して 小名浜の方に
呼びかけたところ 私の知り合いも 薄磯で また 豊間で たくさん亡くなってしまった。
合同葬を あげるのであれば ぜひ 生花で豪華に飾ってやってください。との言葉を
頂き たくさんの募金を頂戴いたしました。
あらためて 感謝いたします。




地元の大工さん 消防団のかた 区の役員さん
お花の調達で 便宜を図ってくれた市場の方がた たくさんの善意で
執り行うことができたと思います。

また 合同葬が終わった後は みなさま それぞれにお花をおもち頂き 
その一部は薄磯の修徳院さんのお寺にある仮設祭壇前に 置かせて頂ました。

薄磯のお寺さんに どうぞ ご自由にお花をかざってください。との看板をみたら
めいめい お墓などに かざってください。




 

 
小学校の花壇にお花を植えました。
江名小学校の体育館はたくさんの人たちが避難されていて
当時を振り返ると ほんとにたいへんな状況でした。 
わたしたち友人とともに 飲み水 雑誌 漫画の本を
かき集め お花とともに 何度も お伺いしました。

中でも 一番記憶に残っているのは 震災直後 友人の家の本棚を取り外して
本棚と漫画の本ごと 体育館にもっていったことです。
不安とはじめての経験 家や家族を流された子供たちが ストレスで 体育館の
中を走り回っている状態です。大人たちもたいへんいらだっている状況
子供たちは 寝ている人の足を踏みつけそうな勢いで走り回る状況です。

 そんな中 子供たちにまんがの本をプレゼントするとたちまち
集中しておとなしくなりました。 ある初老の方が どっから来たの!
小名浜です。!あんたらも たいへんだっぺ! いや みなさんにくらべたら・・・
そんな会話の中 ” わざわざ ありがとよ!また もってきてくれっげ? 
まがせな まだ いっぱい もってくっから!
そんな会話をしながら かよった記憶があります。



そんな中 避難所である 体育館の明け渡しがありまして 
避難所の役員の方にある提案をしました。たいへんな状況の中
ましてや 夢や希望も持てない状況 一日 どうしていいのかわからない
避難所ぐらし 
ここは礼節を重んじる日本人 どんなにたいへんな状況でも ありがとう
おせわになった その気持ちをあらわすことも大切 ましてや 子供たちが
使う体育館
感謝の気持ちと これから の夢や希望のために  みんなで花壇に花を植えましょう!
植える花は こちらで何とかしますから・・・ とりあえず 手を貸してください。
 いっしょにうえてください。!
と提案したら みんな  こころよく乗ってくれて たくさんの花を花壇に
うえることができました。

大変なときに みなさんありがとうございました。
また お花を持っていきますので 今度は先生と生徒で 汗流して うえてくださいね。!
 
 
 



Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

いわきの花屋さん口コミランキング

お店までの地図

人気ブログランキング

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM